歯医者さん直伝!正しいハミガキで口臭ケア!

Written by dorefasu on 30/04/2021 in 口臭 with no comments.

昨年より歯医者さんに通っています。というのも、一人目の妊娠時に体内の免疫が下がったのを実感し、それに伴い口臭も自分で気になったので二人目の妊活中にデンタルケアをしようと思ったからです。ここからは歯医者さんから聞いた内容をまとめていきます!

ブレスマイルウォッシュ

元々デンタルケアが苦手なものですから、歯の治療に合わせて正しいハミガキの仕方を歯医者さんから教えてもらいました。

まずは、ハミガキは1日2回程で良いそうです。ハミガキの前に歯と歯の間をお掃除します。一般的に、フロストや糸ようじなどの呼ばれているデンタルケア商品を使います。糸の部分を歯のすきま一か所ずつ、上から下に下げるように動かします。この時!歯茎を傷つけないように気を付けましょう。

私は何度かお口の中をすすぎながら行っています。フロストが終わったら、歯ブラシを使ってハミガキをすすめます。

奥歯から手前の歯はブラシ部分を歯に対して横向き45度程の角度で当てて、歯の隙間と歯と歯茎の間をブラッシングします。前歯は、歯ブラシを縦に持ち替えて上下に動かします。一つの歯に10回ほどブラッシングすると良いとのことでした。

磨き終えたら口の中を軽くすすぎますが、2回程で良いとのことでした。あまりすすいでしまうと、歯みがき粉の成分(フッ素など)が流れてしまい歯にも口臭にも良くないそうです。因みに、基本的には口臭予防には食事後30分以上開けてからハミガキすると口臭を防げるそうですよ。食事前後の唾液が口臭予防になるとのことでした。

私もフロストとブラッシングを続けているうちに苦手だったデンタルケアを習慣化でき、かつ口臭も気にならなくなりました!

正しいハミガキで口内環境が整えば自然と口臭は気にならなくなるそうです。

デンタルケアが苦手な方は、まずはフロストとブラッシングから始めてみてはいかがでしょうか?

Comments are closed.